スマートフォン解析

コミュニティカフェのプレオープンに行ってきました! 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 杉山世子の【ガチ日記】 > コミュニティカフェのプレオープンに行ってきました!

杉山世子の【ガチ日記】

2018/03/08

コミュニティカフェのプレオープンに行ってきました!

横浜市コミュニティカフェ立ち上げのお手伝いをさせていただいております

豆乃木では2016年より認知症の当事者や家族の地域参加や交流を促進するコミュニティカフェの立ち上げに参加させていただいております。(過去の記事:「認知症カフェってご存知ですか?」

昨年、横浜市の施設でのコミュニティカフェを計画している事業者様に、2度にわたり、コーヒーセミナーを実施させていただきました。今日は、そのコミュニティカフェのプレオープンがありましたので、横浜まで行ってまいりました。

今回、コーヒーを淹れるのは、地域にお住いのボランティアの皆さん。カフェのネーミングにはじまり、エプロンの色やコンセプトなど、1から決められました。

カフェの名称は「ほっこりカフェ」。来ていただく方にほっこりとしていただける空間を、という皆さんの願いが、名前になりました。

そして、なんと、コーヒーセミナーの2回目には、オリジナルのブレンドコーヒーの配合を皆さんで考えていただきました。マヤビニックの深煎りの豆に、あと2種類をブレンドして、「ほっこりカフェ」でしか味わえないブレンドコーヒーが出来上がりましたよ。

プレオープンには、ボランティアの方が実際にハンドドリップでコーヒーを淹れられておりました。私もイベントの途中で、簡単にコーヒーのお話をさせていただきました!

私自身は、学生時代に介護施設で働いた経験があり、その時に出合った友人らとの交流は今でも続いており、介護の仕事や高齢者を対象にしたさまざまなサービスをそれほど遠くに感じることはありませんが、これらの認知症カフェといわれる仕組みは、まだまだ一般的ではないというのは承知しています。
高齢化の時代に、地域で高齢者や介護者を孤立させない取り組みのひとつとして、「コーヒー」や「カフェ」が担う役割って、実はもっとあるのではないかと思いながら、今日は裏方としてボランティアさんと一緒にコーヒーを淹れていました。次回のカフェ開催は未定とのことですが、また開催日が決まりましたら、こちらでもお知らせいたします。