スマートフォン解析

豆乃木のこと 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

ごあいさつ
ごあいさつ

豆乃木の代表杉山よりメッセージです

人びとが希望をもって生きていける機会を捉え、サービス(モノ・コト)に変える 2011年10月20日杉山世子*一村一品運動で関わっていたマラウイ国の人たちと代表杉山(左) 2011年3月、東日本大...

CI(コーポレート・アイデンティティ)に込める願い
CI(コーポレート・アイデンティティ)に込める願い

豆乃木のCI、あなたはどんな風に見えますか? 豆乃木のロゴには「人と未来を育む」という意味が込められています。人の横顔と、天に伸びる木が並んでいるように見える方がほとんどですが、見方を変えると、...

コンセプト
コンセプト

豆乃木の経営コンセプト

その年の出来、不出来、気候や風土、作り手の意思によって、コーヒーと一口に言っても、さまざまな風味特性を備えています。豆乃木がご提供するコーヒーには、その土地の、その年の物語がこめられています。な...

海外活動履歴
海外活動履歴

豆乃木及び代表杉山の主な海外での活動履歴を載せています

杉山世子海外活動履歴2000年7月青年海外協力隊としてジンバブエへ(12年度1次隊・ソフトボール)寄稿文「ジンバブエソフトボール」2002年8月ジンバブエより帰国2003年5月青年海外協力隊とし...

フェアトレードについて
フェアトレードについて

豆乃木が掲げるフェアトレードに対する指針

フェアトレードってなあに? 長い間、私たちが買っているコーヒーやチョコレートは、どこで、どんな人が作っているかわかりませんでした。小さな子どもたちが働き手となり、長時間労働をおこなっても、作っ...

豆乃木がなる日 Story of mamenoki  起業前の学生生活
豆乃木がなる日 Story of mamenoki 起業前の学生生活

こちらは杉山が出身大学のWEBサイトに寄稿した文章です

こちらは、SFCクリップへの寄稿文より 10年遅れて入った大学が、SFCだった SFCに入る直前まで、私は、高卒のアフリカ帰りだった。青年海外協力隊として赴任していたマラウイから帰国して間もなく...

豆乃木がなる日 Story of mamenoki  起業元年
豆乃木がなる日 Story of mamenoki 起業元年

こちらは杉山が『三田評論』という冊子に寄稿した文章です

大学を卒業した年の10月、私は株式会社豆乃木をたったひとりで立ち上げました。社会人経験もさほどなく、自己資金も乏しい。売上の見込みもなく、あるのは「メキシコ産マヤビニックコーヒー」を日本中・世界...

豆乃木がなる日 Story of mamenoki  起業後2年
豆乃木がなる日 Story of mamenoki 起業後2年

こちらは杉山が『みんぱく』という雑誌に「これからの10年」として寄稿した文章です

マヤビニックコーヒーを販売するに至った経緯株式会社豆乃木を創業したのは、大学を卒業して半年が過ぎた頃だった。新興国と関わるビジネスを興したいという願望はあったが、ずばりマヤビニックコーヒーを販売...

豆乃木がなる日 Story of mamenoki  起業後3年半
豆乃木がなる日 Story of mamenoki 起業後3年半

こちらはご購入いただいたお客様にお送りしている『豆乃木ニュースレター6月号』に加筆修正を加えたものです。

お約束すでに該当される方には、お便りをお送りさせていただきましたが、先月、2015年5月18日、ある特定のお客様にお送りしたメールマガジンに、誤送信があり、結果的に、多数のお客様にご迷惑をお掛け...

豆乃木がなる日 Story of mamenoki 起業後4年
豆乃木がなる日 Story of mamenoki 起業後4年

こちらは2015年協力隊50周年にあたり、寄稿した文章です。

こちらは2015年協力隊50周年にあたり、寄稿した文章です。テーマは隊員になるまで、その後の「ビフォー・アフター」青年海外協力隊としてジンバブエに赴任したときは21歳だった。ソフトボールの部活動...

豆乃木がなる日 Story of mamenoki 起業後5年
豆乃木がなる日 Story of mamenoki 起業後5年

10月20日の創業した日を前に・・・

2016年9月のある祝日の木曜日。3組のお客様をお迎えすると、たちまち満員御礼となるクライネスカフェ(ドイツ語で小さなカフェという意味だそうです)を訪ねました。山間(やまあい)のカフェにたどり...

豆乃木がなる日 Story of mamenoki  そして浜松へ
豆乃木がなる日 Story of mamenoki そして浜松へ

事務所移転と「お母さん」の存在

浜松に拠点を戻そう、と思ったのは、フェアトレードタウン運動が盛んになった2016年の頃。そして、2017年6月12日、月曜日。その日から、豆乃木は、友人家族の好意で、浜松市西区舞阪町の小屋を、作...

豆乃木がなる日 Story of mamenoki  起業後6年
豆乃木がなる日 Story of mamenoki 起業後6年

2017年10月17日。マヤビニックコーヒーを日本のロースターさんに紹介してくれた恩人でもあるグラウベルコーヒー、狩野さんと、グラウベルコーヒーのproducerでもある藤原さんが、トークイベン...

個人情報保護について
個人情報保護について

個人情報保護について

個人情報保護について株式会社豆乃木(以下、弊社)は、個人情報保護の重要性を認識し、個人情報の扱いには細心の注意を払います。1.個人情報保護方針の適用範囲弊社のサービスをご利用の際に適用されます。...