スマートフォン解析

【コーヒーの精製】ナチュラル&ハニープロセス 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 豆乃木の【知恵袋】 > 【コーヒーの精製】ナチュラル&ハニープロセス

豆乃木の【知恵袋】

2017/10/12

【コーヒーの精製】ナチュラル&ハニープロセス
【コーヒーの精製】ナチュラル&ハニープロセス

今回、セスマッチから輸入したコーヒー豆の中に、「ナチュラル」と「ハニープロセス」という精製方法の違うものが含まれています。

ナチュラルって何?
ハニープロセスって何?

という方に、こちらで解説させていただきます。

まずは、コーヒーの精製法には大きく分けてナチュラル(乾式)とウォッシュド(水洗式)の二種類があります。

ナチュラルは、コーヒーを摘み取ってそのまま乾かすのに対して、ウォッシュドは、表面の皮を剥がしてから発酵させ粘液質(ミューシレージ)を除去する方式!

これに対して、数年前から「ハニープロセス」という精製法を聞くようになりました。

ハニープロセスでは、コーヒーチェリーの果肉をはがし、ミューシレージを残したまま乾燥させる方法。乾燥させている間、コーヒーの表面が蜂蜜のようにベタベタするために名付けられた名前だそうです。

ミューシレージの粘着度合いを確認しながら、発酵状態を管理する必要があり、手間がかかるし、適切に処理されなければ、風味を逆に損ねてしまうこともあるとか。

メキシコでは、2014年に出会ったベラクルスの生産者の中に、すでにハニープロセスに取り組んでいる人がいましたが、私たちがウォッシュト以外のコーヒーを輸入するのは今回がはじめて。ぜひ皆さんに味わっていただきたいと思います。