スマートフォン解析

杉山世子海外珈琲紀行 (LA編 vol.3) 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 杉山世子の【海外珈琲紀行】 > 杉山世子海外珈琲紀行(LA編 vol.3)

杉山世子の【海外珈琲紀行】

2016/10/18

杉山世子海外珈琲紀行 (LA編 vol.3)

2016年10月メキシコからの帰りにLAに寄りました

メキシコ・レオンからの帰路、トランジットでLAに。LAでコーヒーショップを巡りました。
前回の記事は下記リンクより。
杉山世子海外珈琲紀行 (LA編 vol.1)
杉山世子海外珈琲紀行 (LA編 vol.2)

3軒目は、たくさんの人にすすめられて行きたかったG&Tを諦めて、wi-fiが使えるという理由で選んだGo get em tiger
Uber初体験の私は、さっそくインド系の美人と相席となった。私は海外でのいつものくせで助手席に座っていた。
「実は私、今日初めてUberをダウンロードして、これが記念すべき1台目なんだ」
と後部座席に座った女性に声を掛ける。
「Congratulation(おめでとう!)」
とノリの良い返事が帰ってきて、そのあともラジオから流れる曲を口ずさむ彼女。
「今からGo get em tigerというコーヒーショップへ行くんだけど、知ってる?」
と訊ねると、
「あそこはとても良いカフェよ。そんなに大きくないけれど。」
とのコメント。

最初に車を降りたのはその女性で、私はそのしばらく先で降車。こじんまりとしているけれど、私が思い描いていたようなLAらしいコーヒーショップに巡り合ったような気がして、店内へ入る。ケニアやコスタリカといった豆が並ぶ。
Uberという心強い武器を獲得しても、あまり時間がなかったこともあり、「フィルターコーヒー 4ドル」をテイクアウトすることに。
とても驚いたのだが、一杯ずつ淹れてくれるわけでもなく、作りおいてあるポットの中から淹れてくれたコーヒーくれる。こんなところが実にあっさりとしているのだが、それでもすでに何杯目のコーヒーかもカウントできていないのだが、良い豆であることがわかる。

コーヒーを気楽に楽しむ。

徒歩やメトロバスで街をまわり、LAで3軒のコーヒーショップを巡り、感じたことはこのことだった。そこには産地とのrelationshipを感じる良質な豆と、気さくなスタッフ、さらに、カジュアルにコーヒーを楽しむ人びとの姿があった。

Go get em tiger
Go get em tiger


Go get em tiger
Go get em tiger
Go get em tiger