スマートフォン解析

早くも秋の収穫が待ち遠しくてならない・・・ 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 杉山世子のガチ日記 > 早くも秋の収穫が待ち遠しくてならない・・・

杉山世子のガチ日記

2015/05/10

早くも秋の収穫が待ち遠しくてならない・・・

ほぼ毎年恒例の行事に参加してきましたよ~

早くも秋の収穫が待ち遠しくてならない・・・

もみまきをして土をかぶせて水をまき、さらにカバーをかけます

日曜日は、友人の家の家族行事に参加してきました。

田植えの前の「もみまき」です。

幅30㎝×縦60㎝
×厚さ3㎝の箱に、床土を入れ、たねをまき、水をかけ、かけ土をかぶせ、マット苗をつくります。

人の手があれば、それだけ、作業も楽になるので、参加できるときは参加させてもらうことにしています。毎年、秋になるとお米をお裾分けしてもらっているので、むしろ、参加させていただくのです(笑)
年末にはお餅つきも!

このお宅では、ご家族で食べる分と、地域の学校給食用にお米を作っています。おうちの裏の田んぼは、絶好の散歩コース。稲がどうやって穂をつけ、収穫されるのかということを、私はこのおうちにお邪魔することで、知ることができました。

ところで、このマット苗は、結構な重労働。一枚は3~4㎏ほどのものを、少し離れたハウスまで運び、並べます。その一連の作業を、70を過ぎたおばあちゃんと、お父ちゃんにお母ちゃん、そしてその子どもと3世代で行います。専業農家ではないのですが、お父ちゃんの指示にすべて従います。でも肝心要の場面になると、一番経験のあるおばあちゃんに手を借ります。その様子を見ていた孫が、

「大人になったら●●(お兄ちゃん)が継ぐの?」

と両親とおばあちゃんに尋ねました。きっとこの子は、自然とやり方を学んでいくのでしょうね。マンション育ちには、庭先でこんな風に作業ができて、裏の田んぼでお米がなり、また季節になると、こうやって家族がそろって作業を行うという行事があることが、羨ましく感じました。

すべての作業は午前中で終わり。みんなで囲む食卓が、またおいしくって、笑顔にあふれ、とってもすがすがしい日曜日となりました。

早いところでは、もう田植えが始まっているとか。皆さんの住む町はいかがですか?



ショップの売れ筋ランキング↓↓↓
http://www.hagukumuhito.net/news/?mode=detail&article=301


さらに、もうすぐメルマガ配信予定、まだ間に合いますよ↓↓↓
メルマガ登録」よろしくお願いいたします。