スマートフォン解析

【#2 / 2015】 Dear グアダルーペのマリア様 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 杉山世子の【メキシコ滞在記】 > 【#2 / 2015】Dear グアダルーペのマリア様

杉山世子の【メキシコ滞在記】

2015/02/24

【#2 / 2015】 Dear グアダルーペのマリア様

2015年2月、今年もメキシコ滞在記始まりました。

【#2 / 2015】 Dear グアダルーペのマリア様

カフェテリア

14時間のバス旅を終えて、昨年長期滞在でお世話になった宿へ向かう。到着予定時刻より1時間オーバーしてしまったが、オーナー夫妻が笑顔で出迎えてくれた。

宿は改装中、リビングを潰して、客室を増やすという。

「スペイン語を忘れちゃったのか。」

着くなり、見破られる私。
忘れたも何も、あの2か月でどこまで理解できるようになったんだっけ?

コロンビア人の奥さんが、先月帰省したときに買ってきたというコロンビアのコーヒーを淹れてくれた。どこかの農園指定豆、オーガニック。これがびっくりするくらい華やかさがあって、驚いた。
「チアパス産とどっちが美味しい?」
と聞かれて、答えられなかった。悔しいほどに、美味しかった。

そういえば、街の至る所で、壁を塗ったり、新しいお店を作ったりしているのが目についた。私が前回の滞在で馴染になった食堂もなくなっていた。とても親切だった彼は、今ごろ、どこで何をしているのだろう。

その中で、変わらずに営業を続けているマヤビニックカフェは貴重だ。カフェテリアのオープンは2010年12月。あれから3年。初めて訪れたときは、なんとなくぎこちなさがあったカフェテリアだったけれど、もう十分に「彼らのもの」になっている。マヤビニックカフェのある歩行者通りも、随分とお店が入れ替わった。



「Hola!」

カフェテリアに入ると、いつものはにかんだ笑顔が。行く前に連絡を入れていたので、さほど驚く様子もない。何よりも、たった数か月前とお互い何も変わっていない。

「新豆はもう飲めるの?」
と前のめりの私に、
「まだカフェテリアでは出していないよ」
とのこと。
ああ、新豆のカップが待ち遠しい。




さて明日は決戦の水曜日。いよいよ、マヤビニック組合の新事務所にて、難しい交渉が始まる。

日が暮れる前に、宿の近くのグアダルーペ寺院によって、しっかり祈りを捧げてきた。三嶋大社だろうが、鶴岡八幡宮だろうが、グアダルーペ寺院だろうが、とにもかくにも神頼み。




「豆を持って帰る」

グアダルーペの女神さまの前に、屈んでお祈りをすると、
不安な気持ちは和らいで、握りしめた手がぎゅ~っとなった瞬間に、ぐう~とお腹が鳴る。止まない食欲と、一途な願い・・・。

それにしても長時間の移動のせいか、ちょっとしたことで両足がつるので、さっきから奇声を発している。あまりにも足がつるもんだから、だんだんやっぱり楽しくなってきた!

きっと明日もよい一日になるよ。
 
* * *

留守中ももちろん、WEBでお買い求めいただけます。
こちらもぜひよろしくお願いいたします。

www.hagukumuhito.net