スマートフォン解析

コーヒー愛または珈琲愛について 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 杉山世子のガチ日記 > コーヒー愛または珈琲愛について

杉山世子のガチ日記

2014/11/18

コーヒー愛または珈琲愛について

11/15に松庵文庫でグラウベル狩野さんとトークイベントをしました♪

コーヒー愛または珈琲愛について

古民家のトークイベント 

久しぶりの「ガチ日記」です。
ちょっと体調崩しながらMAXで動いていたので長引いてしまいました・・・今週からようやく仕事のペースも戻りましたので、また書いていきます!

さて、今日は先日、松庵文庫さんで開催させていただいたトークイベントのことを。

ご参加いただいた方は皆さん、すてき女子、穏やか男子、という感じで、よい雰囲気を作ってくださり、温かな空間になったと思います。土曜日の貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。

トークイベントの構成としては、私がメキシコのコーヒーについてお話させていただき、そのあと、グラウベルの狩野さんに、インタビュー形式でコーヒーのお話を聞かせていただきました。

私が狩野さんの魅力を引き出すまでもなく、狩野さんは、溢れるコーヒー愛に満ちた言葉と、大らかさと、お話の中の「軽やかな脱線」で、私たちを夢中にさせてくれました。狩野さんの温度、本当に心地よく、場を温めてくれます。そして、誤解を恐れずに言うと、まるで少年のような純真さで、コーヒーと向き合っている人。それも、とてもよい角度で、バランスをとりながら。

「コーヒー愛」というのは、狩野さんがトークイベントのための打ち合わせのときにもおっしゃっていたキーワード。
曰く、
「わたしは、目の前の人が、コーヒー愛がある方なのか、そうでないのか、すぐにわかるんです。」
と狩野さんは言います。



なんかそれ、わかる気がするな・・・



マヤビニックは「コーヒー愛」のあるロースターさんに焙煎してもらって、はじめて開かれるコーヒーです。きっとコーヒー愛の薄い人には、この豆は開花しないのだと思います。なんの論拠もありませんが・・・。


実際、私のコーヒー愛は、コーヒー屋さんの中では「それなり」だと思います。ぶっちゃけ。でも私は、コーヒー愛を持ったロースターさんへの共感力はバツグンに高いと思っています。そこに私の「愛」があると思っています(笑)



だから私は焙煎しません。


コーヒーそのものではなく、コーヒーの栽培される土地であり、風土であり、そこに関わる人であり、そして狩野さんのようなコーヒー愛を持ったロースターさんに対する敬意と愛を、これからも原動力にしていきます。
そんなことを感じたトークイベント。



今月3か所でお話をさせていただきました。
話しを聴いてもらえるって本当に嬉しいし、有り難いです。

私はラジオと落語が好きなので、やっぱりお話を聴くのも、するのも、好きなんだなって、なんか納得しています。これからもときどき、お喋りさせてくださいね。


<新商品出てますよ~>
おうちで手軽に自家焙煎。スターターパックは生豆が2種類ついてきます!
[送料込] 手煎り焙煎器「煎り上手」スターターパック(無農薬 生豆200g×2種類付き)

釜揚げ・化学調味料不使用
【しずおか美人認定ブランド】 鈴代商店さん自慢ののりしおポテトチップス