スマートフォン解析

【DAY34】 ママとすごした屋上のテラス 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 杉山世子の【メキシコ滞在記】 > 【DAY34】ママとすごした屋上のテラス

杉山世子の【メキシコ滞在記】

2014/08/28

【DAY34】 ママとすごした屋上のテラス

研修旅行12日目~豆乃木杉山は8月下旬の2週間、産地を離れてコーヒーの研修に出かけています

【DAY34】 ママとすごした屋上のテラス

ホームステイ3日目。一日4時間のスペイン語レッスンも、あっという間なんだけれど、それ以上に、一日があっという間に終わってしまう。

7時(まだ外は薄暗い)に起きて、
少しの湯量でシャワー浴びて、
コーヒーを買って学校へ行って、
スペイン語の活用を勉強して、
スペイン人の先生にrとlの発音を何度も指摘されて、
帰ってきてお昼を食べて、
パソコンで仕事して、
カフェに行ってwi-hiの暗証番号を聞いて、
コーヒーはどこ(地域)の豆を使っているかを確認して、
18時すぎに広場行って、
ホストマザーらと合流して、
20時をすぎて家にもどって、
カンタンな夜ご飯を済ませて、
宿題をやって、
仕事して、
ブログ書いて、
つぶやいたりしていると、
とっくに1時、2時。


24時間をいつもフルに使い切っている。
ほとんどおつりはこない。


おつりっていうのは、例えば、こんな時間のこと。
今日、ホストマザーの孫たちが、宿題をたくさん抱えているとかで、いつもの広場での滞在時間が短くなった。ぽっかり空いたおつりの時間。その日は、もう少しこの町の景色の中にいたくって、
「家に帰ったら、私、屋上のテラスに行きたい」
と言うと、ホストマザーが付き合ってくれた。


ふたりで屋上のテラスへあがる。


太陽がすっぽり姿を隠すのに、それほどの時間はいらなくって、入れ替わるようにカンテラの灯が街中に散りばめられる。空を見上げると、新月に近かったせいか、星もはっきり見える。


「あれ~、ゆっくり動く星がある」


ととぼけたことを思う私。ゆっくり動く星をママと一緒に目で追いかける。


「この方角だと、北に向かっているのかな」
と私。
「そうだね。」
とママ。


思ったよりも早く、私たちの視界から消えた星、じゃなくって飛行機。
「いなくなったね」
と私。
「早いわね~!」
とママ。
流れる沈黙の時間。少しのお話。そして沈黙。その沈黙を破る犬の鳴き声、時々、犬の合唱。


沈黙も、お話と同じくらいに、心地いい。
ホストマザーは決してあれやこれやと世話を焼くわけではないけれど、やさしさをいっぱいもっていて、さりげなく・常に・やさしい。こうやっていつまでも私に付き合ってくれる。


「夕飯のフルーツ、ここで食べようか」
とママ。
4度頷く私。


メロン、パパイヤ、バナナ、グアバ。


たっぷりフルーツを盛ったお皿。
「私はこれでいいの」
と一本のバナナを持っているママ。


昨年、旦那さんを亡くしたママ。
「よくこうやってテラスでごはんを食べたのよ」
と言う。


ふたりで手にしたおつりの時間を、ママも喜んでくれたらいいな。



みんなやさしい。
出会う人、みんなやさしいから、私もおなじ分だけやさしくありたい。



ところで、私がチアパスを離れ、研修旅行している間に、『フェアトレード&産直マーケット Te to Te(てとて)』ではクレジットカードが利用できるようになった(こちら)。


もらったやさしさの分だけ、いいお店を作りたい。それがオフラインだろうと、オンラインだろうと。じゃないと単なる私の旅行記になってしまう(もうなっている・・・)