Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

【自論】オススメの焙煎度合いって難しくないですか?

login

News & Columns お知らせ

当社では少量から、フェアトレード及び無農薬栽培された
コーヒー豆を卸売り価格にて販売させていただいております。

杉山世子の【ガチ日記】

2022/08/05

【自論】オススメの焙煎度合いって難しくないですか?

今日はよくある質問に対して日頃思っていることを書きました。

【自論】オススメの焙煎度合いって難しくないですか?

皆さん、こんばんは。
ブログの投稿がいつの間にか滞ってしまい、慌てて書き始めました。



「ブログ8月31日まで毎日更新チャレンジ中」に関する記事についてはこちらから
https://www.hagukumuhito.net/news/?mode=detail&article=1103



今日は私が戸惑う、時々、お客様からいただく質問について、完全に自論を激白します。

その質問とは、

「〜〜(コーヒーの銘柄)のオススメの焙煎度合いを教えてください」

というもの。

豆乃木のオンラインショップでは、生豆を販売しているので、プロアマ問わず、焙煎される方がお客さんになるのですが、私としては、これは結構、難問なのです。

何故ならば、

例えば、当社で焙煎豆としても販売しているメキシコ・マヤビニック。

3段階の焙煎度合いでご提供しています。

ー 中煎り
ー 中深煎り
ー 深煎り

これらはそれぞれに感じられる特徴が異なります。
それぞれのコーヒーに合うシーンがあり、その時々で、「好み」は変わります。

・中煎りだとはっきりとした酸が出ます。はっきりとした明るい酸です。

・中深煎りの時は、酸味と苦味のバランスがちょうど良いと感じます。
 これは、割と万人受けしますので、当店でも一番よくご利用いただくコーヒーです。


・深煎りは、心地良い苦味がありますが、かえって甘みが強調されます。
 重すぎず、すっきりとした深煎りになります。



さあ、オススメの焙煎度合いは何でしょうか?



・・・というくらい本当に答えづらいです。

全く押し付ける気はありませんが、私が知っているロースターさんは、「最適な焙煎度合い」を探すプロの方が多いです。それがその人の「腕」になります。そして、そのポイントを探すのが焙煎の苦しさであり、楽しみのようなのです。そういう様子を見させていただいているので、

「〜〜(コーヒーの銘柄)のオススメの焙煎度合いを教えてください」

というのは、パズルの答えを聞かれているような気がして、戸惑います。

でも、確かに一般の方よりも多くロースターさんに接している私は、ロースターさんからの情報を総合的に分析し、さらにそこに自分の意見を織り交ぜながら、お答えすることは可能ですし、信頼してお聞きくださる方には、「私の意見でよかったら」というスタンスで、お答えしていこうと思います。

もう少し言えば、中煎りだとこういうフレーバーがあり、こういう印象です。一方、深煎りの時は、こういうフレーバーは弱まりますが、こういう部分が強調されます。と言った伝え方をして行けば、押し付けでもなく、参考にしていただけるのでしょう。

夏休みの課題として、少しずつ書き加えていきますので、気長にお待ちいただきたいと思います。

本日は以上です。
 

★ ★ ★


【自己紹介】
・静岡県浜松市生まれ
・青年海外協力隊3カ国経験
・28歳で慶應義塾大学SFC入学 ・卒業後、株式会社豆乃木を2011年に創業
・現在第11期目
・趣味はYouTube鑑賞 (好きなYouTuberはライクサタデー、メインハイ、2か月のパパ)

▼各種HP、SNS▼

株式会社豆乃木・オンラインショップ
https://www.mvcoffee.net/


株式会社豆乃木・ホームページ

https://www.hagukumuhito.net/

豆乃木のシャチョー インスタグラム
https://www.instagram.com/mamenoki.seiko/

Facebookでは最新の情報をお届けします

https://www.facebook.com/mvcoffee/

Twitterではプライベートや日々のコーヒーにまつわる情報を発信しています
https://twitter.com/japafricanism/


【お問い合わせ】
info@hagukumuhito.net