Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

ラオスティピカ VS ラオスカティモールハニー どっちがおすすめ??

login

News & Columns お知らせ

当社では少量から、フェアトレード及び無農薬栽培された
コーヒー豆を卸売り価格にて販売させていただいております。

焙煎翌日便

オンラインショップ情報局

2021/09/14

ラオスティピカ VS ラオスカティモールハニー どっちがおすすめ??
随分と寝心地のよい夜になってきました。
やや天気の移ろいが激しいので、この時期の焙煎は苦労しそうですね。

来週のシルバーウィーク中は、特別な売り出しはありませんので、本日、9月14日火曜日のメルマガにご注目いただきたいと思います。

その前に、今回は改めて、既存商品の魅力についてしっかり伝えていけたらと思います。

そのひとつが当店の定番メニューになっている、

・ラオス SAMURAI ティピカ
・ラオス・SAMURAI カティモールハニー

この2つ、どちらがおすすめなの?

という方向けに、しっかりと答えていきたいと思います。

<ラオス SAMURAI ティピカ こんな人におすすめ!!>

ティピカと言えば、生育も難しく、収量もそれほど期待できないため、今ではティピカ100%っていうのは、珍しくなってきました。
その中で、日本人が管理していることもあり、几帳面に届けられたこちらのティピカは、ティピカの味わいの特徴でもある「滑らかさ」「すっきりとした酸」があり、ストレスなく繊細な味わいをお楽しみにただけます。

ミルクや豆乳などをいれずにストレートでお召し上がりいただけると、よりその繊細さや、酸のよさを感じられます。
コーヒーの苦みが好きではない、という方には、こちらのティピカを「ミディアムロースト」でお召し上がりいただければ、きっとコーヒーのことを好きになるはずです(笑)


<ラオス SAMURAI カティモールハニー こんな人におすすめ!!>

カティモールハニーはその名のとおり、カティモールという品種をハニープロセスで精製したものです。
カティモールという品種自体は、ティピカなどのように病害に弱い品種のかわりに、サビ病対策として植えられたものでもありますので、どちらかと言えば、味の繊細さにはやや欠けるのですが、ハニープロセスによって、甘みやフレーバーのひろがりが生まれています。

ラオス・ティピカにも共通する柑橘系の酸に加え、やや粘着性のある甘みを感じますので、ラテなどでお召し上がりいただくのもおすすめです。その場合は、ミディアムで焼き上げると、より豊かなフレーバーを感じられ、牛乳や豆乳に合わせても、そのフレーバーが生きます。一方で、ストレートでしっかりと飲みたいという方向けに、「フルシティー(中深煎り)」まで焼き上げていただければ、コクもあり、バランスのよいコーヒーとなります。

今回のメルマガでは、当店はじめての試みとなる500gパックにて2種セットを販売しますので、ぜひ飲みくらべをしてみてください。

動画にもまとめていますので、参考までに。