Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

2020年7月の事業活動報告

login

News & Columns お知らせ

当社では少量から、フェアトレード及び無農薬栽培された
コーヒー豆を卸売り価格にて販売させていただいております。

焙煎翌日便

お知らせ

2020/08/01

2020年7月の事業活動報告

景気動向など同業者様のご参考になれば幸いです。

2020年7月の事業活動報告

こんばんは。豆乃木の杉山です。

2ヶ月ぶりに「2020年7月の事業活動報告」と題して1カ月を振り返ってみようと思います。


▶2020年5月からの変化をご覧いただけます。


 「2020年5月の事業活動報告」


6月から外出自粛が解かれ、業務用焙煎豆の販売が戻ってきました。
しかし、その間に、弊社の主力販売が通販へと以降。
B to Bがメインで始まった豆乃木ですが、コロナ以降はB to Cで個人のお客様に送らせていただく機会が激増しています。
当初のコンセプトでもあり、ショップの名前にもなっているTe to Te(てとて)の「手から手へ」というコンセプトの原点に還っているという感じです。

通販も6月よりもご利用が増えました。

通販で言うと、STAY HOMEが始まった頃からご利用が伸びており、2020年4月には、これまでの中で一番ショップが賑わいました。
5月で少し減少。6月に過去2番目の売上が立ったのですが、これは、私が推測するに、弊社のオンラインショップをご利用いただいている方の多くは、カフェや自家焙煎店を個人経営されている方も多く、やはりこちらも業務用同様に外出自粛が解かれたことによって人が動いたのではないかと推察しています。

7月は、6月をさらに上回る結果となりました。
こちらについては、お中元などのギフトのご利用がアドオンされたこと、さらに、ラオスの生豆2種類が新しく加わったことで、お客様が反応していただいたのかと思います。
何れにしても、こちらが受け取ってほしいメッセージを、お客様に受け取っていただき、ご利用いただけていることに感謝の気持ちでいっぱいです。

輸入については、改めて記事を作りますが、ほとんどの準備が整い、あとは出港を待つばかりです。



インスタグラムもこまめに配信をしていますので、ぜひご覧ください。

https://www.instagram.com/mamenoki.seiko/






8月はお得意様向けにマヤビニック新豆のご案内を始めます。
今季は数量限定となるため、今後数ヶ月は、マヤビニックコーヒーについては、通販での15kg、30kg単位での販売はございません。但し、すでにご新規の方からもお問い合わせをいただいております。なるべく多くの方にお使いいただきたいと思っていますので、良い方策を考えていきたいと思います。

通常、8月はコーヒーの消費が落ち込む時期だと言われています。豆乃木も例外ではありませんが、9月入港見込みの新豆の受け入れ準備をしつつ、足元のオンラインショップの見直しをやっていきたいと思います。
特に定期便をさらにブラッシュアップしたいと考えています。

そして、早くも2021年の輸入に向けて、動き始めたいと思います。