スマートフォン解析

コーヒーができるまで その1 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

マヤビニックコーヒー

トップページ > マヤビニックコーヒー > Maya Vinic > コーヒーができるまでその1

ページの背景に見える濃い緑こそ チアパスの雄大な自然です。この森の中で、化学肥料に一切頼らずに育てられたメキシコ産・マヤビニックコーヒーは、コーヒーへの愛にあふれた焙煎士(ロースター)に選ばれています。

株式会社豆乃木では、現地へ直接出向き、買い付けるだけではなく、創業以来、組合と共に歩み続けております。単にダイレクトトレードではなくフェアトレードによるパートナーシップによって、この無農薬・無化学肥料のコーヒー豆は“ここ”にあります。

限られた生産量、多くの人に味わっていただくわけにはいかないのが現状ですが、マヤビニックコーヒーの焙煎のおもしろさや、味わいの豊かさに魅了される人たちは年々拡大しています。

Maya Vinic

コーヒーができるまで その1

果肉除去から乾燥まで

ここではマヤビニックの農家さんがコーヒーチェリーを摘んでから、乾燥させ、組合の事務所へコーヒーのパーチメントを持ち込むまでのプロセスをご紹介します。

ピッキング
1 ピッキング

赤い実だけをハンドピックし、腰籠に入れていきます。

2 選別された赤い実

未成熟の豆が混入することのないように、セレクションします。未成熟豆が混入すると渋みが出たり、えぐみが出るなど、品質に影響します。


果肉除去機
3 手動の果肉除去機

各家庭にある手動の果肉除去機を用いて、収穫後すばやく果肉除去します。手動の果肉除去機は男手でも結構な重労働です。

ミューシレージ
4 発酵槽でミューシレージを取り除く

水が張ってある発酵槽に24時間ほど浸水さ、ミューシレージを取り除きます。 


天日乾燥
5 天日乾燥

庭先でパーチメントを天日干し、十分に水分を乾燥させます。

パーチメント
6 パーチメントの状態

十分に乾燥させたパーチメントの状態で、農家さんは組合へ持ち込みます。


マヤビニック二次加工施設
7 組合の二次加工施設

農家さんが、それぞれの手段で、100kg~200kgほどのパーチメントを持ち込みます。ときには馬でパーチメントを運び入れる農家さんも。

8 品質チェックと計量

加工場の事務所にて、品質チェック(主に乾燥状態など)と計量を受け、豆の引き渡しが完了します。

つづき
「コーヒーができるまで その2」
2016年ニュークロップ・マヤビニック
太陽と大地とコーヒーを愛する全ての人に 365日を美味しくするメキシコ産マヤビニックコーヒー