スマートフォン解析

焙煎について 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

マヤビニックコーヒー

ページの背景に見える濃い緑こそ チアパスの雄大な自然です。この森の中で、化学肥料に一切頼らずに育てられたメキシコ産・マヤビニックコーヒーは、コーヒーへの愛にあふれた焙煎士(ロースター)に選ばれています。

株式会社豆乃木では、現地へ直接出向き、買い付けるだけではなく、創業以来、組合と共に歩み続けております。単にダイレクトトレードではなくフェアトレードによるパートナーシップによって、この無農薬・無化学肥料のコーヒー豆は“ここ”にあります。

限られた生産量、多くの人に味わっていただくわけにはいかないのが現状ですが、マヤビニックコーヒーの焙煎のおもしろさや、味わいの豊かさに魅了される人たちは年々拡大しています。

Maya Vinic

焙煎について

マヤビニックコーヒー他豆乃木のコーヒーの焙煎について

豆乃木は産地からのメッセンジャー

生豆の輸入・販売に軸足を置き、産地と日本のお客様をつなげる役目にある豆乃木にとって、信頼できるロースターがいなければ、焙煎豆の販売は実現しませんでした。
そんな豆乃木のコーヒーを焙煎するのは、マヤビニックコーヒーを長年にわたって輸入に関わっていただいている株式会社斎藤コーヒー(名古屋)と、ペルーに根を張ってコーヒー事業を展開する株式会社KMCの高橋克彦さんからご紹介いただいた松屋珈琲店(東京都虎ノ門)です。

業務用でお世話になっているのは、齊藤コーヒーさんの69kg釜(直火焙煎)です。大きな釜で常に安定したコーヒーは、再現性が高く、変わらぬおいしさを届けてくれます。
そして、通販を含む小ロットで、きめ細やかな焙煎を提供してくださっているのは、大正七年からコーヒー一筋に営む松屋珈琲店さん。コーヒー焙煎の世界を牽引し、雲の上の存在ですが、いつも丁寧にご対応いただき、時にこちらのわがままを、許容し、または修正してくださるロースターです。
丁寧に、ひと粒ひと粒、豆に向き合い、焙煎を重ねてきたから松屋ローストだからこそ、お客様に「いつも最高の豆」をご提供することができるのです。



丁寧に、ひと粒ひと粒、豆に向き合い、焙煎を重ねてきたから松屋ローストだからこそ、 お客様に「いつも最高の豆」をご提供することができるのです。


畔柳 一夫さん(株式会社松屋珈琲店)
  • 公認資格“classficador”(クラシィフィカドール)
    ブラジル連邦政府技術調査機関/サントス商業会議所認定(コーヒー品質・味覚鑑定士)
  • 全日本コーヒー検定委員会 コーヒー検定委員
松屋珈琲店 公式ホームページ
www.la-vie-en-cafe.co.jp
太陽と大地とコーヒーを愛する全ての人に 365日を美味しくするメキシコ産マヤビニックコーヒー
豆乃木 冬のギフト2017年 お歳暮 クリスマスの贈り物に