スマートフォン解析

ごあいさつ 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

トップページ > 豆乃木のこと > ごあいさつ

ごあいさつ

豆乃木の代表杉山よりメッセージです

人びとが希望をもって生きていける機会を捉え、
サービス(モノ・コト)に変える
人びとが希望をもって生きていける機会を捉え、 サービス(モノ・コト)に変える 2011年10月20日 杉山世子 -img-  2011年10月20日 杉山世子 *一村一品運動で関わっていたマラウイ国の人たちと代表杉山(左)

2011年10月20日 杉山世子
*一村一品運動で関わっていたマラウイ国の人たちと代表杉山(左)

2011年3月、東日本大震災が発生した。この忘れがたい年の10月20日、
代表、杉山世子(すぎやませいこ)は豆乃木と名付けた会社を登記した。

コーヒー豆屋だから「豆乃木」と思う人が多いかもしれないけど、
実はコーヒー豆屋になる決心をする前につけた名前だ。

「人びとが希望をもって生きていける機会を捉え、
サービス(モノ・コト)に変える」

その願いが、「豆乃木」になった。


その原点は、杉山が海外でのボランティア活動や大学の研究で
携わった「一村一品運動」。この運動は、今から30年以上前に
大分県でおこなわれた町おこしの運動で、
その究極の目的は「人づくり」にある。

いや、豆の木と聞いて、誰だって思い浮かべるのは、
「ジャックと豆の木」。子どものころに親しんだ物語。

杉山はさんざん悩んだ挙句、
社名に「豆乃木」を思いついたとき、天高く聳える「豆の木」の
イラストを思い出すことはできても、その物語の内容までは、
残念ながら覚えていなかった。

そこで、改めて、その内容をたどってみると、
これがひどい話だった…。
ジャックが、家から連れていった牛と豆とを
交換したところから物語は始まる。

牛が豆にすり替わったことに激怒した母親が、
豆を庭に捨てたところ、
翌朝、庭に、雲を突き抜けるほど大きな木が伸びていた。
ジャックは雲の上に存在する巨人の城から、金銀財宝を奪い、
その後、裕福に暮らしましたとさ。
そこで物語は終わっている。

正直、がっかりした。
豆乃木が思い描く成長は、一朝一夕には起こりえない。

だからマメマメしく働き、地面にしっかり根をはって、
養分を吸い上げて、いつか、大きく天高く聳える木になるんだ。

ひとりの力では達成できないかもしれないけど、
たくさんの人と一緒に力を合わせることで成長できる。
それは活動や研究を通して、一村一品運動が教えてくれたこと。

「人びとが希望をもって生きていける機会を捉え、
サービス(モノ・コト)に変える」

その第一歩を、たくさんの人の力をお借りしながら
フェアトレードコーヒーの輸入・販売を通して、踏み出している。


杉山 世子 -img-
Profile 杉山 世子
1978年
静岡県浜松市生まれ。
2000年
青年海外協力隊としてアフリカへ。
2007年
慶応義塾大学湘南藤沢入学。
2011年8月
マヤビニックコーヒーを販売するオンラインショップ開設。同年10月株式会社豆乃木設立。
CI(コーポレート・アイデンティティ)に込める願い