スマートフォン解析

コーヒーとお水のお話・・・淹れる温度がわかったら、「今度はどんなお水がいいの?」という疑問がわきますね! 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > オンラインショップ情報局 > コーヒーとお水のお話・・・淹れる温度がわかったら、「今度はどんなお水がいい...

オンラインショップ情報局

2014/07/16

コーヒーとお水のお話・・・淹れる温度がわかったら、「今度はどんなお水がいいの?」という疑問がわきますね!

いつものコーヒーをお出かけ先で飲む方法を考えてみました。マヤビニックコーヒーのドリップパックも美味しいのですが、好みの濃さや味わいにしたい時にはお勧めの方法です!

コーヒーとお水のお話・・・淹れる温度がわかったら、「今度はどんなお水がいいの?」という疑問がわきますね!

フェアトレードメキシコ・マヤビニックコーヒー(無農薬・有機肥料栽培)

「マヤビニックコーヒーに合うお水はどんな水?」
コーヒーは、当たり前ですが、そのほとんどが「水」です。どんなにコーヒー豆を「有機・無農薬」とか、「焙煎度合いは・・・」とか、「保存状態を良く」などという感じでこだわっても、そのほとんどの割合を占める『水』が非常に美味しくないものだと、せっかくのコーヒーが台無しになってしまいます。

一般的に水は、「硬水」と「軟水」に分けられます。日本の水は水道水も含めて、ほとんど「軟水」ですね。
「軟水」でコーヒーを淹れると「まろやか」で「酸味」が出やすく、「硬水」でいれると、「苦味」が強調されます。
これって、お湯の温度のお話に出てきたフレーズと同じですね!
高めの温度だと「苦味」、低めの温度だと「酸味とまろやかさ」・・・

「軟水」はミネラル分が少なく、コーヒー本来の香りや味わいが楽しめるようです。
浅煎りのすっきりした味わいは、軟水でいれると繊細さが際立ちそうです。
「硬水」は、カルシウム分は苦味を抑えまろやかに、マグネシウム分は苦味や渋味を感じやすくします。
硬水はカルシウム、マグネシウム分などのミネラルが多いので、深煎りで、しっかりした味を楽しみたい場合に適しています。
「中程度の硬水」は、中程度の硬水のため、深入り、中煎りどちらでもよいかもしれません。

自分の味の好みや、その日の気分に合わせてお水から選ぶのも、ひとつの楽しみになりそうです。 

こちらの記事【マヤビニックコーヒー in 富士市】にて 使用した「富士の雪解け水」の事を杉山が書いています!

利き酒ならぬ、利き水とお水違いで淹れた利きコーヒーを一度やってみようと思います。 



もちろん、焙煎度合いによって合う水を探すというのも、テイスティングの一つ!
こちら↓で、中煎りと中深煎りの利きコーヒーができますよ!

お試し100g×2pcs メキシコ・マヤビニックコーヒー 中煎り&中深煎(豆のまま) 計200g