スマートフォン解析

日本に入ってきているコーヒー生豆ランキング!・・・メキシコは? 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > mamenoki知恵袋 > 日本に入ってきているコーヒー生豆ランキング!・・・メキシコは?

mamenoki知恵袋

2016/08/15

日本に入ってきているコーヒー生豆ランキング!・・・メキシコは?

コーヒー生豆輸入国別ランキングをみてみましょう!


コーヒーパーチメント

お盆休みにつき、ニュークロップの入荷手続きも一旦STOP。
皆さん、お盆休みはどこで、どのようにお過ごしですか?
私はと言えば、オリンピック中継に加えて、甲子園をチェックしつつ、パソコンで資料作りながら、NETFLIXで映画見たりと、いつもとそれほど変わりなくすごしています。

さて、今日はお盆休みで穏やかな時間を過ごしている私が見つけた統計資料で気になった「コーヒー生豆輸入国別ランキング」を取り上げたいと思います。

2015年コーヒー生豆輸入国ランキング

順位 2015年 トン
1位 ブラジル 140,127
2位 ベトナム 81,260
3位 コロンビア 78,918
4位 インドネシア 41,366
5位 グアテマラ 31,930
6位 エチオピア 19,135
7位 タンザニア 11,077
8位 ホンジュラス 6,020
9位 エルサルバドル 4,462
10位 ラオス 4,290
(中略)    
16位 メキシコ 1,340
17位 ケニア 1,104

こうやってみると、リオオリンピックのテレビ放送で流れているブラジルのイメージが「サンバ一色」なのが惜しいほどに、世界有数のコーヒー消費国である日本にとって、ブラジルは本当に身近な国だということがわかります。
そして改めてみると、メキシココーヒーの認知度が低い理由がよくわかりますね。生産量は2013年のデータでは第10位、2010年には第8位ながら、日本への輸入は第16位ですから。
もっと豆乃木が輸入量伸ばせれば、この統計も変わってくるかもしれませんね。
(そもそも豆乃木の主要なパートナーであるマヤビニック生産組合は規模も小さいので、すでに輸入量はMAXなのですが・・・。)

ときどき、こんな情報も発信していければと思います。

出典:全日本コーヒー協会、国際コーヒー機関