スマートフォン解析

メキシコ・マヤビニック ニュークロップの近況ご報告 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > オンラインショップ情報局 > メキシコ・マヤビニック ニュークロップの近況ご報告

オンラインショップ情報局

2016/08/03

メキシコ・マヤビニック ニュークロップの近況ご報告

2016年マヤビニックの新豆、出荷が送れています

メキシコ・マヤビニック ニュークロップの近況ご報告

ご報告が遅くなってすみません。
8月3日時点でのメキシコ・マヤビニック ニュークロップの近況ご報告をさせていただきます。

実は、メキシコからの積荷に少しトラブルが発生しました。まだ検証中ではございますが、コンテナの不具合からか、一部の麻袋に、シミ(水分からくるもの)が認められました。そのため、出荷が遅れています。ただし、今回の輸入から、麻袋内に「グレインプロ」と呼ばれる穀物用の保存ビニールを施してあったために、被害は最小限で食い止められました。このグレインプロは、温度上昇や湿気にも強く、酸化や水分の侵入を防ぐものと言われています。
一日も早く、生豆をご利用いただいている皆さまには生豆を、そして焙煎豆をお求めいただいている皆さんには新豆の香り高いコーヒーをお届けしたいと思います。すでにご利用いただいているお客様には、準備が整い次第、こちらからご連絡させていただきます。もう少し、お待ちいただきたいと思います。
また新規に、フェアトレード・メキシコ産マヤビニックコーヒーを扱ってみたいという方は、お問い合わせくださいませ。

http://www.hagukumuhito.net/inquiry/?mode=detail&article=6

真夏は生豆の保管に神経を使います。マヤビニック生豆の業務用サイズにつきましては、一定の温度のもとで保管しておりますので、ご安心ください。また皆様には、なるべく湿気の少ないところで、麻袋で保存されている方は、底面にすのこなどで、空気の通り道を作るなど、風通しをよく、湿気・温度対策をしていただければと思います。