スマートフォン解析

ハロウィンの日に、コーヒー博士とコーヒーとの戯れ  

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > 杉山世子の【ガチ日記】 > ハロウィンの日に、コーヒー博士とコーヒーとの戯れ

杉山世子の【ガチ日記】

2015/11/01

ハロウィンの日に、コーヒー博士とコーヒーとの戯れ 

コーヒーをもっとシンプルに楽しみたい方へ

ハロウィンの日に、コーヒー博士とコーヒーとの戯れ 

イベントスタッフと先生で写真撮影

11345日は臨時休業となります。

電話も不通となります。ご不便お掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。

--------------------------


青年海外協力隊静岡県OV会が主催となり、「聞いて・見て・感じる世界のコーヒー 」というイベントが静岡県の長泉町にて開催されました。私は一日お手伝い要員として参加させていただきました。講師は、コーヒー博士石脇先生。お会いしたいコーヒーマンのおひとりだったので、直接お話がお伺いできてうれしかったです。

内容は、石脇先生が各生産国で訪ねた学校訪問時の動画や、ルワンダのゴリラのお話し、そしてもちろんコーヒーのことも!子どもたちさえも惹きつける博士のお話はとってもシンプルです。

「豆は計らなくてもよい、お湯の色を見ながら淹れて液色が薄くなったら外す。飲んでみて濃かったらお湯を淹れてね。だから濃いめ抽出すれば調整できる。」

「わざわざ細口ポットを買わなくても、どの家庭にでもある急須でOK!」

「トースターでもフライパンでも焙煎できる。」

などなど、家庭的な先生…

一番のメインイベントは、焙煎体験。

子どもたちは、ギンナンを煎る網やフライパンなどを用いて、焙煎体験ができて、楽しそうでした。トースターでも焙煎ができるんだってことが見れて、皆さんの焙煎に対するハードルが少し下がったと思います。コーヒーは生豆で買う時代ですね。