スマートフォン解析

フェアトレードの顧客は「30代・女性・独身」!? 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > イベント > フェアトレードの顧客は「30代・女性・独身」!?

イベント

2015/08/02

フェアトレードの顧客は「30代・女性・独身」!?

フェアトレードセミナーの内容をご紹介します

フェアトレードの顧客は「30代・女性・独身」!?

セミナーの様子は8月2日の中日新聞に掲載されました

8月1日に静岡県浜松市で開催されたフェアトレードの市民セミナー『CAFE選びで世界を変える』
フェアトレードを考える ~エシカル消費者になろう~は、50名を超える方がご参加くださったようです。
フェアトレードに関心がある方はやはり女性が多いようで、会場はほとんどが20代後半~40代の女性が多く占めていたように見られました。

フェアトレードの顧客は「30代・女性・独身」!?

当日の目玉は、アジア経済研究所の佐藤寛先生の90分にわたるセミナー。佐藤先生も、冒頭、

「フェアトレードは若い女性の関心が高い。30代、独身、女性。なので、男性、お年寄りをいかに巻き込むかが課題」
だとおっしゃいました。言われてみれば、たしかに!でも、なぜ「独身女性」が関心が高いのか質問するのを忘れました。

メインとなる内容は、数日前に慶應義塾大学山本先生からお聞きした核の部分である「資本主義に倫理的価値観を埋め込むのか可能か?」に通じる部分がありました。山本先生は、『市場の倫理 統治の倫理』(著:ジェインジェイコブズ)の紹介とともに、市場倫理とは「見ず知らずの他人に対して、正直であれ、誠実であれ」ということだと言っていた気がしますが、私もその倫理観はきれいごとかもしれないけど、そうあるべきだと思ったのです。

フェアトレードって高い!?
佐藤先生は「フェアトレードは高い。フェアトレードプレミアムなどが載っているからだ。」と説明されていましたけど、私は販売者として、高い価格設定をしているとは思っていません。というのも、お客様からレギュラーコーヒー200g 1000円(2015年8月1日時点)は「安いですね」と言ってもらうことさえあります。
モノの価格は原料(素材)だけで決まるものではないので、特にコーヒーの場合は「フェアトレード豆だから高い」ということはありません。
原料だけでも「コマーシャル・プレミアム・スペシャルティ・COE/フェアトレード・オーガニック」と様々ありますし、ロースター、パッケ―ジング、販売場所等々によって価格が設定されます。

実際、中間者に行きわたる金額をカットできる点では、
フェアトレードの方が実は「安いのではないか?」とさえ思います。そういう理由で「ダイレクトトレード(フェアトレード)」を選択する企業も実際にあるのではないでしょうか。

利他的なフェアトレード、利己的なオーガニック!?
私の聞き取りが正しければ、「倫理性というのは、他者支援」だと佐藤先生が言いました。つまりフェアトレードを含むエシカル消費を促すものは「他者支援」。一方でオーガニックがフェアトレードとは対照的に日本で広まった経緯には「自分のためによいものを」という利己的な考えがあるのだと言います。つまり、日本人は、自分にとって「よいもの」を選ぶと。

フェアトレードが広がるために必要なものは「想像力」!?
利己的で何が悪い、というのが私の立場です。一方で、フェアトレードが利他的だとは思いません。なぜならば、フェアトレードには「世直し」の要素が含まれるからです。自分たちの地球(ほし)を守ることが「利他」だと感じるのであれば、きっとその人は宇宙人だと思う。(*「豆乃木のフェアトレードとは?」を参照)

最後にやっぱり思い出すのは、山本先生がいつも言っている、
「情けは人のためならず」
のふたつの意味。
情けをかけては人のためにならない、という本来の意味と、人に情けをかけることは、巡り巡って、自分のためにもなるのだということ。

日本人が自分勝手な国民だというのならば、なおさら、自分のために正しい選択をしよう。そのためにフェアトレードを実践する者として、やるべきことは「正しく情報を届けること」に尽きるのかもしれない。そして何より、継続的に生産者と関わり、お客さんと接すること。でもそれって、フェアトレードに限った話ではなく、商売ってきっとこんなことだったりするんじゃないかな?