スマートフォン解析

豆乃木の業務用焙煎豆に熱視線☆ ~なぜ豆乃木のコーヒーでないといけないのか? 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > サービス・商品のご紹介 > 豆乃木の業務用焙煎豆に熱視線☆~なぜ豆乃木のコーヒーでないといけないのか?...

サービス・商品のご紹介

2015/05/28

豆乃木の業務用焙煎豆に熱視線☆ ~なぜ豆乃木のコーヒーでないといけないのか?

豆乃木のコーヒーを業務用に使いたい方はぜひご覧ください

豆乃木の業務用焙煎豆に熱視線☆ ~なぜ豆乃木のコーヒーでないといけないのか?

マヤビニックのコーヒーはメキシコのコーヒー産地チアパス州で栽培されます

マヤビニックの在庫が底をつきかけている中で、業務用で豆乃木のコーヒーを使いたいと言ってくださるお客様は、有り難いことに増え続けています。

客観的に、とはいきませんが、北は北海道から南は沖縄まで、どのようにして、豆乃木のコーヒー豆をわざわざ選んでくださるのか、という点について、勝手に考え、さらにお客様の声を聴いてみると、こんな理由で選んでいただいているということがわかりました。




(1)「小さな取引から始めたい」

たしかに、豆乃木では、200gから卸価格を適用しています。というのは、業務用に豆を使用してくださっている方も、私たちのパートナーだと思っているからです。
継続的に、共に産地に根差したコーヒー豆を伝える「伝道師」になっていただけるお店とお取引させていただいております。

さらに・・・コーヒーショップ以外のお店、会社からのお問合せが多いのも特徴です。コーヒーの抽出や、ご提供方法についても、一緒に考えて、最適な方法をご提供していますので、コーヒーの知識や、コーヒーのご提供経験がない方も、安心してご利用いただけます。


(2)「コーヒー店に来るお客様に、安心して、美味しいコーヒーを提供したい」

たしかに、豆乃木のコーヒーは、代表、杉山自らが産地に足を運び、フェアトレードでコーヒー豆を買付けます。どのように栽培されて、どのように日本へ運ばれてきたかがわかる豆しか使っていませんので、お客様のコーヒー店に通っていらっしゃるお客様にも安心してご提供していただけるからだと思います。

(3)「無農薬・無化学肥料で、さらに“おいしい”ものを探している方」

当然、品質、おいしさの妥協は一切なしです。美味しいコーヒーを、安心してお召し上がりいただきたい環境づくりに、ぴったりのコーヒーを用意します。
こちらのコーヒーは生豆鑑定士からもお墨付きをいただき、力のあるロースターさんに選ばれるマヤビニックコーヒーを中心に、フェアトレードコーヒー・商品をご提案させていただきます。


ほぼ、単一銘柄で「よくやっていけるね~」と言われますが、小さな小さな会社なので、単一銘柄を一軒一軒のお店にお届けすることに注力しています。
とはいえ、この夏はメキシコから2銘柄目のCESMACHも入港予定(つい先日、ようやく契約書の締結、顧客登録へと進みました)。一気に成長できませんが、これまで通り、こつこつやっていきますので、気になるなぁ~というお店のオーナーは一度お問合せください。

お問合せ
http://www.hagukumuhito.net/inquiry/?mode=detail&article=1