スマートフォン解析

Fireking(ファイヤーキング)でマヤビニックコーヒーを! 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

お知らせ

トップページ > お知らせ > お知らせ > Fireking(ファイヤーキング)でマヤビニックコーヒーを!

お知らせ

2014/10/23

Fireking(ファイヤーキング)でマヤビニックコーヒーを!

カフェアマルフィーは四ツ谷・麹町駅、JICA本部(二番町)より徒歩1~2分

Fireking(ファイヤーキング)でマヤビニックコーヒーを!

皆さん、ファイヤーキングをご存知ですか?

1905年にオハイオ州に設立したガラス社が、1942年にファイヤーキングブランドを創設しました。「古き良きアメリカ」と言われるこの時代に、ファイヤーキングは生まれ、1976年で生産が終了しても、今なお愛されるブランドとして日本でも多くのファンを魅了しています。

そんなファイヤーキングを、アメリカの隣カナダのトロントから自ら買付けたものを販売しているのがMaple Antiques(メープルアンティークス)。オーナーの神津伸子さんは、元新聞記者で、現在はアエラなどで記事を書いているフリーのライターさんでもあります。ご主人の転勤でカナダで4年間住んでいたことをきっかけに、ファイヤーキングや、アンティークに興味を持ったようです。

10月1日に六番町のカフェアマルフィー内に、同ショップをリニューアルオープンするまでは、西荻窪でお店をやりながら、原稿を書いていました。六番町に移ってからも、もちろんライター業も怠っていません。

私は西荻窪のお店でファイヤーキングを始めて知りました。私たちの世代(1970年代後半生まれ)は、中高生時代にアメカジブームがあったりと、アメリカのトイやアメリカンなものを追いかける世代でした。なので、ファイヤーキングは、すぐに好きになってしまい、その日は、ミルクホワイトのDハンドルマグを2つ購入。さらに、同時期にお誕生日のお祝いでファイヤーキングをいただいたりと、私の熱もどんどん上がっていきました。

家でも、ファイヤーキング率高いです。

さて、私が2年前からイベントなどでお世話になっているCafe Amarphie(千代田区六番町5-5)では、イベント時などでマヤビニックコーヒーをご利用いただいていましたが、このたび、Mapel Antiqueの移転に伴い、ファイヤーキングでマヤビニックコーヒーを飲んでいただけるようになりました(コーヒーの販売も行っています)。

私は、週1回くらいのペースで、Cafe Amarphieを利用しますので、自分用にファイヤーキングの「置きマグ」をさせていただきました。ぜひ皆さん、四谷・麹町にお越しの際は、Cafe Amarphieにお立ち寄りいただき、中にあるMapel Antiqueのファイヤーキングでマヤビニックコーヒーをお召し上がりください。

ファイヤーキングとコーヒーを組み合わせてプレゼントしても良いですよね!

火・木・土曜日は、Maple Antiquesの神津さんがお店にいらっしゃいますので、ファイヤーキングに興味のある方はこの曜日を選んでご来店いただければと思います。

◇Cafe Amarphie(カフェアマルフィー)
東京都千代田区六番町5-5
TEL:03-3238-9415
営業時間:月~土 11:30~18:00頃