スマートフォン解析

メキシコのコーヒーについて 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

マヤビニックコーヒー

トップページ > マヤビニックコーヒー > コーヒー産地:メキシコ > メキシコのコーヒーについて

ページの背景に見える濃い緑こそ チアパスの雄大な自然です。この森の中で、化学肥料に一切頼らずに育てられたメキシコ産・マヤビニックコーヒーは、コーヒーへの愛にあふれた焙煎士(ロースター)に選ばれています。

株式会社豆乃木では、現地へ直接出向き、買い付けるだけではなく、創業以来、組合と共に歩み続けております。単にダイレクトトレードではなくフェアトレードによるパートナーシップによって、この無農薬・無化学肥料のコーヒー豆は“ここ”にあります。

限られた生産量、多くの人に味わっていただくわけにはいかないのが現状ですが、マヤビニックコーヒーの焙煎のおもしろさや、味わいの豊かさに魅了される人たちは年々拡大しています。

コーヒー産地:メキシコ

メキシコのコーヒーについて

マヤビニックコーヒーのふるさと、メキシコのコーヒーについてご紹介します

 

メキシコとコーヒー

意外と知られていませんが、メキシコは世界最大のコーヒー産地のひとつです。さらに、世界の60%のオーガニックコーヒーは、メキシコで栽培されています。メキシコのコーヒー、特にこれらのオーガニックコーヒーのほとんどは、チアパス州とオアハカ州の小規模農家によって栽培されているのです。そして、このふたつの州はメキシコ国内の中でも先住民が多く住み、経済面では、メキシコ国内でももっとも貧しい地域なのです。コーヒーはメキシコの中でも有数の輸出品で、50万人と言われる小規模生産者と、その家族の生活は、まさにコーヒーに委ねられます。
 

メキシココーヒーの歴史

 

メキシコにコーヒーがやってきた

スペイン人がキューバとドミニカ共和国からコーヒーの苗を持ち込んだ18世紀後半まで、メキシコにはコーヒーはありませんでした。その数十年後に、ドイツ人とイタリア人の移民が、グアテマラかや他の中米諸国から移住してきたことで、換金作物としてのコーヒーの栽培が始まったと言われています。
1790年代、最初のコーヒープランテーションがメキシコ・ベラクルス州南部で始まったとき、スペインによる植民地支配は、すでに深くその地域に根付いていました。しかし、銀や金など、メキシコの豊富な鉱物によって、長い間、コーヒーやその他の農産物は、価値を見出されることはありませんでした。そのため、先住民らは、メキシコ南部の辺鄙な山間地に、小さな土地や共有地を所有することを許され、コーヒーを栽培することになったのです。

コーヒープランテーションの興り

スペインからの独立後になって、コーヒープランテーションが広がりました。その背景には、1860年代のグアテマラとの国境紛争によって、土地登記が進められたことが挙げられます。この制度によって、富の多くを所持していた少数のヨーロッパ人が、それまで「未登録」とされていた広大の土地を購入し、長期的に農業に取り組むこととなったのです。
地元の名士や政治家は、次第に、自分たちの土地を確保するために、小規模農家をさらに山間へと強制的に追い出し、代わりに、先住民の男性が、それまで彼らが所有していた土地で奉公させたのです。なので、小規模農家がコーヒー栽培に専念できたのは、メキシコ革命以降になります。

メキシコ革命と「農奴」が解放

メキシコ革命後の農業改革によって何千人もの先住民グループや労働者に、小さな土地が与えられました。1914年の労働法によって「農奴」が解放され、コーヒープランテーションで奉公していた小作農が、それぞれの地域に戻り、奉公先で培ったコーヒーを育成するためのスキルや、コーヒーの苗をもたらしました。
20世紀初頭、メキシコの政党PRI (Institutional Revolutionary Party)がメキシコ国立コーヒー研究所を作り、徐々に、コーヒー栽培は、農村セクターへの社会投資だけでなく、外貨獲得が見込め、国の経済に貢献するものと考えられました。メキシコ国立コーヒー研究所の支援の厚かった1973年から1990年にかけて、地方でのコーヒー生産が爆発的に増えました。

協同組合の社会的意義

その後、コーヒー市場の下落や石油価格の降下によって、コーヒー生産者に対する支援が打ち切られることとなりました。そこで、カトリック教会などの支援を得て、オアハカのCEPCOとUCIRIといったメキシコで初めてのコーヒー協同組合が生まれ、1990年代初頭、コーヒー生産者にとって不可欠な存在となりました。
協同組合は、コヨーテ(仲買人)の搾取から農民を守り、従来のコーヒーよりも価値が見込める有機コーヒーを栽培することを推し進めていきました。協同組合のいくつかは、学校や病院と言った社会サービスを提供するなど、世界でももっとも魅力的な社会運動としての基礎を築いたのです。

つづき
「マヤビニックコーヒーの特徴」


2016年ニュークロップ・マヤビニック
太陽と大地とコーヒーを愛する全ての人に 365日を美味しくするメキシコ産マヤビニックコーヒー